欧州株:上昇、ギリシャ債務協議の決着近いとの楽観で

19日の欧州株式相場は上昇。ギリシャ債務を めぐる協議が決着に近づいており、同国がユーロ圏を離脱してもその影 響波及は封じ込められるとの楽観が広がった。

指標のストックス欧州600指数は前日比0.4%高の385.59で終了。一 時は1.2%高となった。前週末比では1%下げた。ギリシャのアテネ総 合指数はこの日、0.6%高で引けた。2.6%上昇する場面もあった。欧州 中央銀行(ECB)が緊急電話会議で、同国銀行向けの緊急流動性支援 (ELA)の上限引き上げを決めたことが手掛かり。西欧市場の主要株 価指数の中で、アイルランドとイタリアの株価指数の上げが目立ち、共 に1%強の値上がりとなった。

BNPパリバ・フォルティスの最高戦略責任者、フィリップ・ガイ ゼル氏は「何らかの決着に近づきつつあると誰もが認識している」と指 摘。「妥協がなければユーロ圏離脱かデフォルトになるかもしれない が、何らかの決着はある。多くの市場関係者は押し目買いを入れる用意 があり、実際のイベント発生前に買っている向きも多い。ギリシャはユ ーロ圏の小さな一部でしかない。債務はあるが管理可能だ。ECBのバ ズーカ砲もまだ控えている」と付け加えた。

ギリシャのチプラス首相はこの日、22日の緊急首脳会議で債権団と 合意することができるとの楽観的な見方を示した。

業種別19指数のうち15指数が上昇。旅行関連銘柄と銀行株はそれぞ れ約1%値上がりした。

個別銘柄では、英通信サービス会社コルト・グループが20%急伸。 仏自動車部品メーカーのバレオは4.2%上げた。一方、ポルトガルの BPI銀行は9.1%安となった。

原題:European Stocks Advance Amid Optimism Greek Resolution Is Close(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE