露ガスプロム、日本向けLNG極東事業を延期も

ロシア国営エネルギー会社、ガスプロムは極 東ウラジオストクでの液化天然ガス(LNG)プロジェクトなどを含 め、来年計画していた投資を延期する可能性がある。中国につながるパ イプラインの建設と配当実施に経営資源を集中させるためだと、事情に 詳しい関係者が述べた。

情報が非公開であるため匿名を条件に話した関係者によると、延期 される可能性があるのは極東LNGプロジェクトのほかにも複数ある。 欧米からの経済制裁で技術輸入が制限されているため、いずれにせよ建 設遅延は免れないだろうという。

ガスプロムは世界最大のLNG輸入国である日本に近いウラジオス トクで、LNG基地の稼働を2019年までに開始する計画だった。アジア でのプレゼンス強化を狙うガスプロムは、伊藤忠などの日本の企業グル ープと同プロジェクトの実現性を調査を検討することで、2011年に合意 していた。

原題:Gazprom Said to Weigh Delaying LNG Spending on China Link Costs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE