NY外為(19日):ユーロ下落、ギリシャめぐる緊急会合控え (訂正)

訂正済み

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが主要 通貨に対して下げた。22日にはギリシャのデフォルト(債務不履行)回 避を目指した緊急欧州サミットが開かれる。

円は上昇。週末に起こり得る事態を想定し、投資家は安全性が高い とされる円に買いを入れた。既存のギリシャ救済合意は6月30日で期限 を迎える。ユーロは週間ベースではなお、対ドルで3週連続高。米金融 当局が長期的な政策金利見通しを引き下げたことが影響した。

ドイツ銀行のストラテジスト、ダニエル・ブレホン氏(ニューヨー ク在勤)は「市場が直面する大型リスクが週末に現実とならないよう、 ある程度の安全逃避買いが見られる」と述べ、「ギリシャが債権者と合 意を成立させる確率のほうが、物別れに終わる可能性よりも高いだろ う」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.1%安の1ユ ーロ=1.1352ドル。週間ベースでは0.8%上げた。円は対ドルで前日 比0.2%上げて1ドル=122円71銭。週間では0.6%上昇。

ギリシャめぐる話し合い

欧州中央銀行(ECB)は19日の緊急電話会議で、ギリシャの銀行 向けの緊急流動性支援(ELA)の上限引き上げを決めた。事情に詳し い複数の関係者が述べた。また、ドイツのショイブレ財務相はギリシャ で新展開あればユーロ圏財務相が21日電話会議を行う可能性があると述 べた。

パイオニア・インベストメントの通貨戦略ディレクター、パレシ ュ・ウパダヤ氏(ボストン在勤)は、ギリシャのユーロ圏離脱は「最も あり得そうなシナリオであり、ベースシナリオになるべきだと私は考え るが、市場参加者はそうはみていないようだ」と述べた。その上で、 「ギリシャがユーロを離脱した場合のユーロの反応は、2-3年前と比 べると、それほど悲惨というわけではない」と続けた。

商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ヘッジファン ドなど大口投機家によるユーロの売り越し(ネットショート)は16日ま での1週間に8万9357枚と、2014年7月以来の低水準となった。

ブルームバーグ相関加重指数によると、ユーロは年初来3.9%安と なっている。

原題:Euro Weakens Before Emergency Summit on Greek Financial Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE