コンテンツにスキップする

米コナグラ、取締役候補の指名期限を延期-ジャナの圧力で

米食品メーカーのコナグラ・フーズがアクテ ィビスト(物言う投資家)として知られる米ヘッジファンド運営会社ジ ャナ・パートナーズの標的となっている。ラルコープ・ホールディング ス買収後の期待外れな業績などを受け、ジャナは自社が推す取締役候補 の指名をコナグラに迫っている。

投資家バリー・ローゼンスタイン氏が創設したジャナは18日の当局 への届け出で、「協議に充てる時間を増やすため」として、年次総会で 選出される取締役の候補指名期限を今月21日から延期するようコナグラ に要請したことを明らかにした。これに対応して、コナグラは期限を7 月8日に延期したと発表した。

ジャナは約7.2%の株式を保有するコナグラに対し、戦略・組織構 造の見直しと業績・コストの検討、資本分配方法の改善などを求めてい る。コナグラの株価は時間外取引で、一時7.4%高の42ドルに達した。

コナグラは発表資料で、「株主の参加を歓迎する」と表明。30日の 3-5月(第4四半期)決算発表後にジャナとの協議を開始するのを楽 しみにしていると説明した。

原題:ConAgra Targeted by Activist Jana After Ralcorp Merger (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE