米CFA資格保持者、中東ではアブダビのSWFの採用が最多

アブダビの政府系ファンド(SWF)は、米 CFA協会認定証券アナリストを中東地域で最も多く採用するとともに 資格保持者を増やそうとしている。同ファンドはアブダビの資産運用に 関する影響力の強化を目指している。

事情に詳しい関係者が匿名を条件に明らかにしたところによると、 アブダビ投資庁(ADIA)はCFA資格者約130人を雇用。アブダ ビ・インベストメント・カンパニーでは少なくとも51人が勤務してい る。CFA協会のランキングによれば、これはCFA資格者の雇用で中 東地域1位と2位。

アブダビにCFA資格者が集中している現状は、同国が原油生産で 築いた数千億ドルの投資を手掛けるSWFの影響力の大きさを示してい る。ADIAはノルウェーに次ぎ世界2位のSWFだが、投資の大半を 依然として外部の運用会社に委託している。アブダビの投資会社アーバ ル・インベストメンツやムバダラ開発公社など他のSWFはグレンコア のような企業に直接出資していることで知られている。

コメルツ銀行のクレジットアナリスト、アポストロス・バンティス 氏(ドバイ在勤)は16日の電話インタビューで「アブダビはアラブ首長 国連邦(UAE)で資産運用産業を確立することを目指しており、ドバ イではなくアブダビが拠点となるだろう。CFA資格者は資産運用業界 で歓迎されている」と指摘する。

ADIAは60カ国から1650人を雇用。関係者によれば、ADIAで 働くCFA資格者の一部はUAE国籍。CFA資格者は投資業務とバッ クオフィス業務で勤務しているという。

原題:CFAs Thrive in Abu Dhabi as Wealth Funds Trump Wall Street (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE