ギリシャ協議、フランスが合意目指す一方でドイツ沈黙-関係者

ギリシャ問題をめぐりルクセンブルクで18日 開かれたユーロ圏財務相会合(ユーログループ)では、フランスが土壇 場の合意を目指す一方、ドイツのショイブレ財務相はおおむね沈黙を守 り、他の国々からはギリシャ批判が相次いだ。事情に詳しい関係者2人 が明らかにした。

サパン仏財政相は各国財務相に対し、5カ月近く続いているギリシ ャとの協議を断念しないよう訴えた。同相は「両陣営の間には大きな違 いがあるという認識に終止符を打つ必要がある」と指摘。「違いはある が、乗り越えられる」と述べた。

財務相会合では合意に向けたさらなる進展がなく、協議の舞台は22 日にブリュッセルで開かれるユーロ圏緊急首脳会議に移る。

欧州委員会のドムブロフスキス副委員長は財務相会合後に米CNN に対し、ユーロ圏財務相が依然としてギリシャ政府からの「信頼できる 提案」を待っていると説明し、「現時点で合意はない」と語った。

原題:Schaeuble Said to Keep Quiet on Greece as Sapin Touts Compromise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE