中国:5月の新築住宅価格、値下がり都市数41に減少-需要回復

更新日時

中国の5月の新築住宅は前月比で値下がりし た都市数が3カ月連続で減少した。不動産規制の緩和や金利低下を受け て購入者の心理が改善した。

国家統計局が18日発表した資料によると、5月は政府が継続調査す る主要70都市中41都市で前月比下落した。4月は47都市で下げていた。 5月に前月比上昇したのは上海や北京などの1級都市を中心に20都市と なり、4月に比べて2都市増えた。横ばいは9都市だった。

中国当局は3月末、不動産市場のてこ入れに向けて一部の購入者に 対する住宅ローンと頭金比率の規制を緩和した。4月の新築住宅販売額 は今年初めて増加に転じ、5月も増加した。

クレディ・スイス・グループの香港在勤アナリスト、杜勁松氏は 「改善傾向が確実に定着してきた」と分析。「年内はこの傾向が続くこ とに疑いはない」とコメントした。

5月は深圳の新築住宅価格が前月比6.6%上昇。政府がデータの集 計方法を変更した2011年1月以降で最も高い伸びを記録し、1級都市の 中で値上がりが目立った。上海は前月比2.2%上昇と13年3月以来の大 幅な伸びとなり、北京は同1.1%上昇と13年7月以来の大きな値上がり となった。広州は同1.4%上昇した。

原題:China May Home Prices Drop in Fewer Cities as Demand Returns (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE