ギリシャのIMF支払い期限は6月30日、猶予ない-専務理事

更新日時

ギリシャが17億ドル(約2100億円)相当の国 際通貨基金(IMF)への支払いを期日である6月30日に行わなけれ ば、それは支払い遅延を意味すると、ラガルド専務理事が明言した。ギ リシャが債権者側と合意するための締め切りを明確にした。

救済の条件に抵抗を続けるギリシャのチプラス首相を追い込もうと するユーロ圏当局者らに手を貸した形だ。チプラス首相はIMFのギリ シャに対する政策について「犯罪」とまで口にしていた。

ラガルド専務理事は18日ルクセンブルクでの記者会見で、「ギリシ ャからIMFへの支払い期限である6月30日が締め切りだ。猶予期間な どというものはない」と述べた。支払いがなければ「7月1日の時点で デフォルト(債務不履行)となり、IMFに対する支払い遅延となる」 とした上で、「そうならないことを切に願っている」と付け加えた。

ユーロ圏から救済資金を得ようと画策するギリシャは追い込まれて いる。救済プログラムはIMFへの支払い期日と同じ30日で終了。欧州 中央銀行(ECB)がギリシャの銀行を支える緊急支援について見直し ている中で、ドイツのメルケル首相は少なくとも来週の欧州連合 (EU)首脳会議まではギリシャとの交渉を続けたい考えを示唆してい る。

メルケル首相は18日午前、ベルリンの連邦議会で「意志があれば道 は開けると、引き続き固く信じている」と述べ、「ギリシャ当局がこの 意志を示せば、3つの債権者機関との合意はまだ可能だ」と語った。

IMFの規則では、返済が遅れれば直ちに、遅延分が支払われるま では追加融資が受けられなくなる。

原題:Lagarde Warns No Leeway for Greece on June 30 IMF Payment (1)(抜粋) IMF Warns No Leeway on Payment as Merkel Urges Greece to Bow (2)

--取材協力:Rebecca Christie、Rainer Buergin、Corina Ruhe、Kevin Costelloe、Jonathan Stearns、Hans Nichols、Karl Stagno Navarra、Ian Wishart、Scott Lanman、Richard Bravo.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE