米景気先行指標総合指数:5月は前月比0.7%上昇、予想上回る

5月の米景気先行指標総合指数は市場予想を 上回る伸びとなった。

米民間調査機関コンファレンス・ボードが18日発表した5月の米景 気先行指標総合指数(LEI)は前月比0.7%上昇した。ブルームバー グがまとめたエコノミスト予想の中央値は0.4%上昇だった。前月 も0.7%上昇。

コンファレンス・ボードのエコノミスト、アタマン・オジルディリ ム氏は発表資料で今回のLEIについて、「今年前半はかなり弱く見え たが、年後半には景気がさらに拡大するとの見方を裏付けている」と指 摘。「住宅建設と消費者期待度は一段と明るい見通しを後押しする一 方、鉱工業生産や製造業の新規受注は幾分か強弱まちまちの状況を示し ている」と述べた。

5月はLEIを構成する10系列のうち9系列がプラスに寄与。住宅 着工許可件数、長短金利スプレッドなどの寄与度が大きかった。

一致指数は0.1%上昇で、前月の0.2%上昇を下回った。同指数には 全米経済研究所(NBER)が景気循環の判定に使用する雇用者数や個 人所得、企業売上高などが含まれる。遅行指数は0.2%上昇。

統計の詳細はをご覧ください。

原題:Leading U.S. Economic Indicators Index Rises More Than Forecast(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE