米GM株が上昇、フィッチによる投資適格級への格上げを好感

米自動車メーカー、ゼネラル・モーターズ( GM)株が、18日のニューヨーク市場で5月以来の大幅高となった。格 付け会社フィッチ・レーティングスが同社格付けを投資適格級に引き上 げたことが材料となった。

フィッチは今回の引き上げについて、GMはイグニッションスイッ チ(始動装置)の不具合に伴うリコール問題を乗り切れるとの信頼感の 高まりなどを理由に挙げた。

GM株は1.1%高の36.20ドルで終了。年初来上昇率は3.7%と、 S&P500種株価指数の3%を上回っている。

フィッチはGMの格付けを1段階引き上げて「BBB-」とした。 投資適格級では最も低い水準。見通しは「ステーブル」。同社の格付け は2012年8月以降、「BB+」だった。

原題:GM Gains as Fitch Raises Credit Rating to Investment Grade (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE