ECBがギリシャの銀行向け流動性支援で緊急電話会議-関係者

更新日時

欧州中央銀行(ECB)はギリシャの銀行の 流動性悪化について協議するため、政策委員会による緊急の電話会議を 開く。事情に詳しい関係者3人が明らかにした。

関係者の1人によると、電話会議はフランクフルト時間19日正午 (日本時間同日午後7時)からの予定。ギリシャ銀行(中央銀行)から 要請があった同国の銀行向け緊急流動性支援(ELA)の30億ユーロ (約4190億円)余りの増額について検討する。

いずれの関係者も計画が非公開であることを理由に匿名を条件に語 った。ECBの報道官はコメントを控えた。

ギリシャの銀行向けELAの上限は17日に11億ユーロ引き上げられ て、841億ユーロとなったばかり。翌18日に新たな増額要請があったこ とは、同日に行われた支援協議に進展がなく、預金の流出が加速してい ることを示す兆候と考えられる。

原題:ECB Said to Plan Emergency Greek Aid Call Amid Deposit Flight(抜粋)

--取材協力:Alessandro Speciale.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE