米国株:上昇、ナスダックは過去最高更新-緩和策継続に期待

更新日時

18日の米株式相場は上昇。ナスダック総合指 数は過去最高を更新した。米連邦公開市場委員会(FOMC)は前日の 声明で、経済成長が上向きつつあるものの、引き続き景気を支援する方 針を示した。

ヘルスケアや消費財株が堅調となり、S&P500種株価指数は上 昇。ナスダック・バイオテクノロジー指数は過去最高を更新。ハーレー ダビッドソンはアナリストによる投資判断引き上げなどが好感され て、4.2%上昇。一方、オラクルは下落。四半期の利益と売上高がアナ リスト予想に届かなかったことから売られた。

S&P500種株価指数は前日比1%高い2121.24。ダウ工業株30種平 均は180.10ドル(1%)高の18115.84ドル。ナスダック総合指数 は1.3%上昇の5132.95。これまでの過去最高は5月27日に記録してい た。小型株で構成するラッセル2000指数は1.3%上げて過去最高。

ジェームズ・インべストメント・リサーチで運用に携わるトム・マ ンガン氏は電話取材に対し「バラ色のシナリオだ」と語る。「市場では 多くの悪材料が織り込み済みで、今は非常に良い展開になっている。米 金融当局がいわゆる正常な流動性レベルに戻すのをためらっている限り は、景気にモメンタムが与えられる」と述べた。

株式先物は朝方、米物価統計を受けて一段高となった。米労働省の 発表によると、5月の米消費者物価指数(CPI、季節 調整済み)コ ア指数は前月比0.1%上昇と、年初来で最小の伸びとなった。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の予想中央値は0.2%上 昇だった。前月は0.3%上昇。総合指数は燃料価格の回復を背景に0.4% 上昇した。

バイオテクノロジー

別の統計によると、先週の米週間新規失業保険申請件数は前週比で 減少。労働市場が引き続き改善している兆候が示された。また6月のフ ィラデルフィア連銀製造業景況指数は予想以上に上昇した。

アムジェンやセルジーン、バイオジェンはいずれも大きく値上がり し、ヘルスケア株全体をけん引した。ナスダック・バイオテクノロジー 指数は1月16日以来で最大の2.9%上昇。

ドル軟調の影響で、アルトリア・グループやフィリップ・モリス・ インターナショナル、コルゲート・パルモリブなど消費関連が高い。

アマハースト・ピアポント・セキュリティーズ(コネティカット州 スタンフォード)のストラテジス ト、ロバート・シンチ氏は「株式市 場ではローテーションのような状況になりそうだ」と話す。「これまで 海外展開の影響で下げていた銘柄は、若干反転するかもしれない。ドル 上昇の勢いにほころびが見え始めたからだ」と述べた。

原題:Nasdaq Rallies to Record as U.S. Stocks Surge on Fed Rate View(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE