病気治療でタイ滞在中の中東出身者がMERS感染-保健省

タイ保健省は病気治療のために首都バンコク の病院に入院していた中東出身の男性旅行者が中東呼吸器症候群 (MERS)の検査で陽性となったことを確認した。タイでは初の MERS感染者となった。

ラッチャッタ保健相は18日、ノンタブリー県で記者団に対し、75歳 のこの男性は心臓病を治療するためにタイを訪れたと説明した。入院先 の民間病院名は明らかにしていない。同保健相によると、男性は咳など のMERS感染症状がみられ病院と保健省が連携を取っていた。

男性はその後、保健省管轄下の感染症病院へ転院し、個室に隔離さ れているという。男性に同行した3人も病院内の個室に隔離されてい る。さらに男性と同じ飛行機で近くに乗り合わせた旅行者やホテル従業 員、病院スタッフを含む59人が自宅で待機している。

原題:Thailand Confirms Middle East Tourist Tests Positive for MERS(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE