香港立法会、中国主導の行政長官選挙法案を否決-賛成8票

香港の民主派議員は、中国が主導した次期行 政長官の選挙制度改革法案を否決に追い込んだ。同法案をめぐっては昨 年、香港で約3カ月間に及ぶ抗議デモが起きた。

18日に行われた香港立法会(議会)での採決では28人の議員が反対 票を投じた。定数70の立法会で法案通過には3分の2の賛成が必要だっ たが、大半の議員が採決直前に退場し、賛成票は8票にとどまった。

法案が否決されたことで、2017年の行政長官選挙で初の直接選挙が 実施されることはなくなり、現行の選挙制度が続くことになった。1997 年の香港返還後の3人の行政長官は全て、1200人で構成される中国寄り の委員会による間接選挙で選出されてきた。

原題:Hong Kong Rejects China Election Plan That Sparked Protests (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE