【個別銘柄】住友不やワコム安い、臨床結果受けそーせい急伸

更新日時

18日の日本株市場で、株価変動材料のあった 銘柄の終値は次の通り。

住友不動産(8830):前日比3.1%安の4403円。バークレイズ証券 は17日、投資判断を「オーバーウエート」から「イコールウエート」に 下げた。賃貸事業は既存ビル、東京日本橋タワーなど新ビルの寄与で順 調に回復する一方、不動産販売事業では用地取得費や建築費高騰の悪影 響が予想されると指摘。また、財務レバレッジが高く、将来的な市況調 整局面で株価のボラティリティが大手3社の中で最も大きいとの判断も 踏まえた。2016年3月期営業利益予想を1760億円から会社計画と同 じ1740億円(前期比4.9%増)に減額。

ワコム(6727):5.1%安の451円。クレディ・スイス証券は17日、 投資判断を「中立」から「アンダーパフォーム」、目標株価を570円か ら400円に下げた。ブランド事業での想定以上の費用増加とスマートフ ォン向け事業の下振れリスクを踏まえ、16年3月期営業利益予想を74億 円から48億円(会社計画55億円)、来期は88億円から54億円に減額。

そーせいグループ(4565):13%高の8330円。子会社へプタレスが 開発中の選択的ムスカリンM1受容体作動薬「HTL9936」の前期第1相 臨床試験が良好な結果で終了した、と17日に発表。同薬はアルツハイマ ー病、認知症など神経疾患患者の認知機能改善を目指した世界初の経口 投与治療薬。野村証券は18日、26年に迎えるCOPD(慢性閉塞性肺疾 患)管理薬2剤の特許満了以降の長期業績拡大に向け、順調に開発が進 ちょくしているとの見方を示した。

ヤマハ(7951):4.4%高の2474円。みずほ証券は17日、投資判断 を「中立」から「買い」、目標株価を2000円から3000円に上げた。主力 の楽器事業は新興国での販売体制強化による売り上げ再拡大が期待で き、一層の生産コスト削減も進むと予想。注力中のPA(プロフェッシ ョナル・オーディオ)事業は開発・販売体制の構築一巡で2016年3月期 後半から売り上げ拡大が可能とした。今期の連結営業利益予想は350億 円(会社計画340億円)、来期を386億円から392億円に増額。

東洋ゴム工業(5105):2.5%安の2739円。信木明会長と山本卓司 社長が引責辞任する人事を固めた、と18日付の日本経済新聞朝刊が報 道。免震ゴムの性能データを長く改ざんしていた問題で、迅速に対応出 来なかった経営責任を明確にするという。

日新電機(6641):5.3%高の911円。SMBC日興証券は17日付の 小型株に関するテクニカル分析リポートで、06年ごろまでに付けた中期 天井を上抜け、中勢上昇波動が今後さらに拡大する可能性がある波動構 成銘柄の1つに挙げた。同じく注目銘柄とされたGMOペイメントゲー トウェイ(3769)も2.3%高の3710円。

アウトソーシング(2427):5.1%高の2054円。三菱UFJモルガ ン・スタンレー証券は17日、新規に投資判断「買い」、目標株価を2500 円とした。派遣法改正による製造派遣の短期的な伸びと中長期のエンジ ニア派遣の成長に注目する。15年12月期営業利益は前期比64%増の33億 円(会社計画31億円)、来期は50億円と予想。目標株価は、サービスセ クターの今期予想PER平均の23倍を適用した。

JCRファーマ(4552):3.6%高の2976円。大日本住友製薬 (4506)とフィージビリティスタディー(事業可能性検討)契約を結ん だ、と17日に発表。JCRが保有する血液脳関門(BBB)通過に関す る技術の脳神経系治療薬創製への適用可能性を検討する。研究開発の前 進につながるとみられた。

ディスコ(6146):1.3%安の1万40円。クレディ・スイス証券 は17日、投資判断を「アウトパフォーム」から「中立」、目標株価を1 万1600円から9350円に下げた。半導体ファウンダリの在庫調整が長期化 し、調整幅拡大により今後数カ月、ポジティブカタリストは見当たらな いと指摘。目標株価算出の適用PBRを2.5倍から2倍に変えた。

参天製薬(4536):1.5%高の1730円。岩井コスモ証券は17日、投 資判断を「中立プラス」から「アウトパフォーム」、目標株価を1200円 から2000円に上げた。国内では新製品効果が持続し、中国をはじめとし た海外事業も伸びると分析。16年3月期営業利益は790億円(会社計 画780億円)と予想した。

サムティ(3244):4.9%高の978円。15年11月期の連結営業利益予 想を56億円から62億円に上方修正する、と17日に発表。前期比は39%増 から53%増に拡大する見通し。グループが保有する水戸サウスタワーに 入るヤマダ電機がテナント契約を解約、これに伴い違約金17億円を売り 上げに計上する。解約はヤマダ電からの申し出。

日本商業開発(3252):4.6%高の2154円。いちよし経済研究所 は17日、新規に投資判断を「買い」、フェアバリューを3000円とした。 溝口陽子アナリストは、定期借地権を使った同社の地主ビジネスは安全 性が高く、ランニングコストも抑制でき、現状ではREITより利回り も高く、魅力的と電話取材で指摘。良好な不動産市況を背景に同社の開 発商品は順調に売却できるとした。16年3月期営業利益予想は52億円 (会社計画47億8000万円)、来期が55億円。

三洋貿易(3176):3.7%高の1778円。シンガポールの工業用フィ ルム販社、BPSの発行済み株式の85%を取得、子会社化したと17日に 発表。今後の東南アジア諸国連合(ASEAN)市場での業容拡大につ ながるとみられた。

ホロン(7748):150円(19%)高の925円でストップ高。半導体回 路設計の技術を持つ中国のDONGFANG JINGYUAN ELECTRON(本社:北京) と戦略的パートナーシップを結んだと18日午前に発表。ホロンの電子ビ ーム技術と融合させ、最先端半導体製造市場向けの新ソリューション開 発、製造を進める。シナジー効果を見込む買いが膨らんだ。

デジタル・インフォメーション・テクノロジー(3916):18日に東 証ジャスダックに新規上場、公開価格の1300円に対し2.3倍の2990円買 い気配のまま終え、初日の売買は成立しなかった。業務系、組み込み系 システムの開発、ソフトウエアの販売などを手掛け、15年6月期営業利 益は前期比17%増の見込み。

マーケットエンタープライズ(3135):17日に東証マザーズに新規 株式公開し、上場2日目となった18日午前に公開価格1500円の2.7倍と なる4005円でようやく初値を形成した。インターネット上で家電やブラ ンド品、楽器などのリサイクル事業を展開、販売サイト「安く買えるド ットコム」などを運営する。終値は3705円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE