デジタル・インフォ、上場2日目初値は3.5倍-業務系システム

更新日時

独立系のシステム開発会社で、18日に東証ジ ャスダックに新規株式公開(IPO)したデジタル・インフォメーショ ン・テクノロジーは上場2日目の19日午前、ようやく初値を形成した。 公開価格1300円に対し3.5倍となる4500円。初日は買い気配のまま終 え、取引は成立しなかった。

同社は2002年1月の設立で、東京都中央区に本社を置く。業務系や 組み込み系システムの開発、ソフトウエアの販売などに加え、検証・運 用サービスも手掛ける。業務系ソフトの導入では金融系、通信系、流通 系、運用業向けなどに実績があり、金融は大手銀行の勘定系のシステム 統合や生保のコールセンターシステムの開発などを行った。前身企業 は1982年に創業した。

15年6月期の連結業績計画は、売上高が前期比4.4%増の84億385万 円、営業利益が17%増の3億8575万円、1株利益は83円98銭で、公開価 格ベースのPERは15.5倍だった。上場に際し公募25万株、オーバーア ロットメントを含む売り出し30万2000株を実施。主幹事はSMBCフレ ンド証券。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE