米エネルギー企業の社債、今後10年絶好の投資機会-PIMCO

シェール生産の増加や破砕技術の向上に後押 しされた米エネルギー企業は、今後10年にわたって債券投資家に絶好の 機会をもたらすだろうと、パシフィック・インベストメント・マネジメ ント(PIMCO)のグローバルクレジットの最高投資責任者マーク・ キーセル氏は指摘する。

キーセル氏はPIMCOが17日公表したリポートで、「エネルギー 価格が徐々に回復し、世界の天然ガスと石油供給に占める米国の生産が 増えるのに伴い、米エネルギー企業のパフォーマンスは長期的に市場全 体を上回るとの感触がある」と記述。「こうしたエネルギー企業の多く は米経済成長率の2倍のペースで伸びている。こうした伸びは持続可能 だと当社は考える」と説明した。

同氏は「地質的な優位性、水平掘削技術などを理由に、世界の石油 と天然ガスに占める米国の生産は今後10年間に増えるだろう」と続け た。

原題:Pimco’s Kiesel Sees U.S. Energy Debt as Opportunity of Decade(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE