イエレンFRB議長:証券の再投資方針については未決定

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン 議長は17日、金融当局のバランスシート上にある証券の圧縮や償還金再 投資停止の時期については、まだ決定していないと述べた。

イエレン議長はそのタイミングは金融・経済情勢次第であり、連邦 公開市場委員会(FOMC)は「それをどのように進めるかについて、 さらなる決定を行っていない」と説明した。FOMC後の記者会見で記 者の質問に答えた。

米金融当局は来年期限を迎える米国債の償還金2160億ドル(約26 兆7000億円)を再投資するか、あるいはそのまま放置してバランスシー トを圧縮するか決める必要がある。

FOMCはフェデラルファンド(FF)金利誘導目標の引き上げを 始めた後しばらくしてから再投資をやめるとしていた。ニューヨーク連 銀のダドリー総裁は6月5日のミネアポリスでの講演で、金利を「妥当 な水準」に引き上げた後に再投資を停止するのが望ましいとの見解を示 した。

これについてイエレン議長は17日の会見で、「ダドリー総裁が示し たのは個人の見解だが、FOMCはこれについてまだ決定しておらず、 それ以上の詳細は提供できない」と語った。

原題:Yellen Says Fed Hasn’t Decided Yet About Reinvestment Policy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE