NY外為:ドル下落、FOMC予測で金利の長期見通し下方修正

更新日時

17日のニューヨーク外国為替市場でドルが3 週間ぶり安値に下落。米金融当局が金利の長期的な見通しを引き下げた ことが影響した。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は景気判断を引き上げ、年内利 上げの軌道に変わりはないことを示唆した。FOMC参加者の予測で は、2016、17年のフェデラルファンド(FF)金利誘導目標見通しが引 き下げられたため、ドル建て資産の投資妙味が損なわれる可能性があ る。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長はドル水準に目標は 定めていないと述べた上で、米国の輸出には向かい風になっていると指 摘した。

フランクリン・テンプルトン・インベストメンツの債券運用委員会 の共同委員長、マイケル・マテラッソ氏は「短期的にはドル買い一服と なりそうだ」と述べ、イエレン議長は「初回利上げのタイミングはそれ ほど重要ではなく、軌道や時間軸のほうが重要であることを示唆した」 と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット 指数は0.7%低下して1167.85と、5月18日以来の低水準。ドルは対ユー ロで0.8%下げて1ユーロ=1.1339ドル。対円ではほぼ変わらずの1ド ル=123円43銭。

FOMCの金利予測

FOMC参加者の予測(中央値)によると、2015年末のフェデラル ファンド (FF)金利誘導目標は前回予測と同じ水準。16年末のFF 金利予測は1.625%と、3月時の1.875%から下方修正された。

ブルームバーグがまとめたデータによると、先物動向からは9月の 初回利上げを見込む確率が46.5%となった。17日午後の早い時点で は49.8%だった。12月の初回利上げの確率は77%となっている。

シリコン・バレー・バンク(加州サンタクララ)の上級為替トレー ダー、ミン・トラン氏は「市場が一段と緩やかなペースでの利上げを見 込むのであれば、ドルにとって若干弱い材料になるだろう」と述べ、引 き締め方向が欧州中央銀行(ECB)とは異なるとして、「トレンドは 依然としてドルに有利だ」と続けた。

ストラテジストの見通しによるとドルは年内、上昇が見込まれてい る。ブルームバーグがまとめた予想中央値では、ドルは対ユーロで1ユ ーロ=1.05ドル、対円では1ドル=125円に上昇する見通し。

USバンク・ウェルス・マネジメント(ミネアポリス)の債券調査 責任者、ジェニファー・ヴェイル氏は「ドルの上昇は過去6-8カ月間 のような強さになるとは考えていないが、見通しが明るいのは確かだ」 と述べた。

原題:Dollar Declines as Fed Lowers Projections for Benchmark Rate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE