ゴールドマン、午前0時には帰宅するようインターンを指導

更新日時

米ゴールドマン・サックス・グループは夏季 インターンに対し、夜まで仕事をしないよう指導した。

インターンたちは午前0時までにはオフィスを退出し、朝は午前7 時より前には出社しないよう指導された。土曜は出勤しないよう命じら れていると、広報担当のマイケル・デュバリー氏が17日述べた。

ウォール街の金融機関は若手社員のストレス軽減と労働条件の改善 に取り組んでいる。若手社員の給料を上げたほか、新人アナリストらに は週末に勤務しないよう促している。プライベートエクイティ(PE、 未公開株)投資会社やハイテク企業に有望な人材が流れるのを防ぎたい 考えだ。

ロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)によれば、ゴー ルドマンは昨年26万7000人余りの入社希望者の3%未満に採用通知を出 し内定者の約90%が受け入れた。同CEOが2月に述べていた。

ゴールドマンの方針については17日にロイター通信が報じていた。 ロイターによると、ゴールドマンは今年2900人余りを夏季インターンと して受け入れている。

原題:Goldman Sachs Tells Summer Interns Keep 7 Hours for Yourself (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE