サムスン物産がゴールドマンを起用、第一毛織との合併に向け

韓国最大の財閥、サムスングループ傘下の建 設会社、サムスン物産はグループの事実上の持ち株会社である第一毛織 による吸収合併案をめぐり、物言う投資家ポール・シンガー氏の反対に 対応するためゴールドマン・サックス・グループと共に取り組んでい る。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

関係者によると、ゴールドマンはサムスン物産に戦略上の助言を提 供している。社外秘であることを理由に関係者1人が匿名で語ったとこ ろでは、クレディ・スイス・グループもサムスン物産に助力していると いう。

シンガー氏率いるヘッジファンド運営会社エリオット・アソシエー ツはサムスン物産の株式7.1%を取得し、経営参加の意向を表明してい る。

サムスン物産は電子メールで送付した発表資料でコメントを控え た。ゴールドマンの広報担当コニー・リン氏とクレディ・スイスの広報 担当ウニ・パク氏はいずれもコメントしていない。

原題:Samsung Said to Tap Goldman Sachs in $8.6 Billion Activist Fight(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE