米ギャップ:「ギャップ」ブランドの不採算175店舗を閉鎖へ

米衣料品チェーン最大手ギャップは、業績回 復に向けた計画の一環として、北米で「ギャップ」ブランドの不採算店 約175店舗を閉鎖すると発表した。同ブランドは5四半期連続で売り上 げが減少しており、姉妹ブランドの「オールドネイビー」に後れを取っ ている。

15日の発表資料によれば、同社は年度末に当たる来年1月末まで に140店舗を閉鎖する計画。完了後、北米のギャップブランドの定価販 売店は500店舗、アウトレットは300店舗となる。同社はまた、今回の措 置に伴い、社員250人を削減する方針だ。

削減対象となる250人の大半が本社勤務。ギャップブランドのジェ フ・カーワン・グローバル社長によると、業務の重複を減らし、組織を 合理化するのが目的だという。

同社の広報担当ビル・チャンドラー氏は削減対象となり得る店舗従 業員数に言及しなかった。同氏の説明では、同社は世界全体で14万人余 りの従業員を抱えている。

原題:Gap Brand to Shut Down a Quarter of Stores in Turnaround Bid (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE