きょうの国内市況(6月16日):株式、債券、為替市場

国内市況の指標はここをクリックしてご覧 下さい。

●日本株下落、ギリシャと米鉱工業嫌気し輸出、金融安い-海運も

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

東京株式相場は下落。ギリシャ情勢の不透明感を背景にしたリスク 回避の流れや米国鉱工業生産の低下が嫌気され、機械や精密機器など輸 出関連株、銀行など金融株中心に下げた。アナリストの弱気判断を受 け、海運やパルプ・紙株も安い。

TOPIXの終値は前日比12.06ポイント(0.7%)安の1639.86と 4営業日ぶりに反落、日経平均株価は129円85銭(0.6%)安の2万257 円94銭と続落した。

ドルトン・キャピタル・ジャパンの松本史雄ファンドマネージャー は、「日本株は当面の業績回復期待を織り込んで高い位置にあり、国内 での第3弾の追加緩和期待も乏しい」と指摘。ギリシャがデフォルトし た場合の日本企業への直接的な影響は少ないが、「海外でのリスクオフ の流れを引き継いで市場心理に影響しやすい」とみていた。

東証1部の売買高は19億9441万株と連日で20億株割れ。売買代金は 2兆2639億円。上昇銘柄数は405、下落は1369。

東証1部33業種は銀行、海運、鉄鋼、パルプ・紙、機械、保険な ど29業種が下落。海運は、メリルリンチ日本証券が市況回復は見込めな いなどとし、大手3社の投資判断を「中立」から「アンダーパフォー ム」に下げた。紙パは、SMBC日興証券が緩慢な印刷用紙需給などを 要因に、セクター判断を「中立」から「弱気」に見直した。電気・ガ ス、食料品、ガラス・土石製品、空運の4業種は上昇。

売買代金上位では三井住友フィナンシャルグループ、三井住友トラ スト・ホールディングスの下げが目立ち、オリックスや楽天、新日鉄住 金、商船三井、クボタ、SMCも安い。半面、「ファイナルファンタジ ー7」リメイクをPS4に提供するスクウェア・エニックス・ホールデ ィングス、野村証券が中期営業利益目標の前倒し達成の可能性を指摘し た三井化学は高く、東京電力や日東電工、味の素も買われた。

●債券上昇、5年入札結果や米独金利低下で-長期金利一時0.5%割れ

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

債券相場は上昇。ギリシャの金融支援をめぐ る協議の不透明感か ら、米国やドイツの金利が低下したことに加え、こ の日に実施された 5年債入札結果が順調だったことが買い安心感につな がった。

長期国債先物市場で中心限月9月物は、前日比4銭安の146円30銭 で始まり、いったん146円29銭まで下落した。その後は上昇に転じ、午 後の5年債入札結果の発表後には146円47銭まで上昇した。結局、8銭 高の146円42銭で引けた。

現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の339回債利回 りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値より0.5ベー シスポイント(bp)高い0.505%で取引を開始。徐々に水準を切り下げ、 一時0.495%と2営業日ぶりに0.5%割れとなった。その後は0.50%に戻 している。5年物123回債利回りは横ばいの0.115%で始まった後、一 時0.12%に上昇。その後は水準を切り下げ、0.5bp低い0.11%と10日以 来の水準に下げている。

UBS証券の井川雄亮デスクストラテジストは、「米金利が低下 し、海外から金利低下圧力がかかったほか、国内株も下がったことが材 料となっている」と指摘。「10年債利回り0.5%程度、5年債利回り0.1 -0.15%程度は押し目買いの入る水準」と語った。

財務省が午後零時45分に発表した表面利率(クーポン)0.1%の5 年利付国債(124回債)の入札結果によると、最低落札価格は99円88銭 と事前の市場予想と一致した。小さければ好調さを示すテール(落札価 格の最低と平均の差)は1銭と前回と変わらず。投資家需要の強弱を反 映する応札倍率は2.87倍と、前回の2.80倍からやや上昇した。

●円が下落、黒田総裁発言受けやや売り圧力-対ドルで123円台後半

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

東京外国為替市場では円が下落し、対ドルでは1ドル=123円台後 半に水準を切り下げた。日本銀行の黒田東彦総裁の参院財政金融委員会 での発言を受けて、やや円売り圧力がかかった。

午後3時20分現在のドル・円相場は123円63銭付近。円は黒田総裁 の発言前に123円31銭を付けた後、一時123円80銭まで値を下げた。対ユ ーロでは一時1ユーロ=139円48銭と、3営業日ぶりの安値を付け、同 時刻現在は139円30銭付近で推移している。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの山田修輔チーフ FXストラテジストは、黒田総裁の発言について、「円高に持っていき たいわけではないというメッセージは非常にクリア」だとし、市場は円 安に反応したと説明。一方で、「日銀が断続的な円安を望んでいるとい う前提に基づいた円売りへのけん制といった根本的なところは撤回して いない」と言い、「失われたモメンタムを取り戻すような発言ではな い」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE