「なでしこジャパン」決勝Tに1位通過、次戦24日-エクアドル破る

更新日時

国際サッカー連盟(FIFA)女子ワールド カップ(カナダ大会)で日本代表「なでしこジャパン」は日本時間17 日、グループリーグC組最終戦でエクアドルに1-0で勝ち、決勝トー ナメントにグループ首位で進出した。

FIFA公式サイトによると、マニトバ州ウィニペグスタジアムで のエクアドル戦で日本は前半5分にFW大儀見優季が先制点を挙げ、こ れを守り切った。C組でスイスとカメルーンに連勝して決勝T進出を決 めていた日本は3連勝で首位通過、決勝Tで強豪と当たる可能性が低い 組み合わせになった。2位通過はカメルーン。

日本は決勝T初戦で他組3位と日本時間24日に対戦する。ドイツ( FIFAランク首位)はすでにB組を1位で突破、米国(同2位)もD 組1位をこの日決めた。フランス(3位)は18日の試合でF組1位を懸 ける。日本(4位)はこの3組の1位と決勝戦まで対戦しない。

日本の佐々木則夫監督は試合後に「もう1つというところもあった が勝ち点3を積み上げて1位通過になった。もっとテンポの速い攻撃が 課題で、次につなげたい」とNHK-BS1の中継で語った。主将の MF宮間あやは決勝Tについて「まだ相手は分からないが、勝って一番 上に行けたらいい」と話した。

女子W杯は参加24カ国が6組に分かれてグループリーグを戦い、各 組上位2カ国と3位のうち成績の良い4カ国の計16カ国が決勝Tに進 む。決勝戦は7月6日。日本は連覇が懸かっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE