いよいよ資本規制を導入か、ギリシャはどうなる?-Q&A

ギリシャが資本規制を導入するリスクが急上 昇している。欧州側が新たに求めた財政健全化案をギリシャがはねつ け、舞台は18日のユーロ圏財務相会議(ユーログループ)に移された。

銀行預金は過去最速ペースで流出し、800億ユーロ(約11兆9600億 円)余りの緊急流動性支援(ELA)がギリシャの銀行の命綱となって いる現在、欧州中央銀行(ECB)が支援を継続するかどうかが死活問 題となっている。

今週のユーログループで劇的な結果が生み出されない限り、ECB 政策委員会のタカ派陣営はELAの厳格な運用を声高に求め始める可能 性がある。ギリシャ政府は資本規制を導入する計画を否定しているもの の、銀行システムの命綱が断たれれば他に選択肢がなくなる可能性があ る。

ピーターソン国際経済研究所のヤコブ・キルケゴール上級研究員は ギリシャが資本規制を導入する確率を65%とみている。

「その方向に向かっている。ギリシャ政府が考えを改める余地は今 現在も着々と狭まっている」と15日の電話インタビューで述べた。

資本規制に関してよくある質問と答えは以下の通り。答えはエコノ ミストやアナリストの談話に基づく。

Q&A

Q:どのように起きるのか。A:もっとも起こりそうなのは、まず交渉 が決裂、欧州側がチプラス首相にもうこれから先はECBの緊急支援を 期待してはならないと言い渡す。そして首相は銀行破たんを容認する か、あるいは資本規制を導入するかの選択を迫られるというシナリオ だ。

Q:ギリシャが債務を支払わないとどうなるのか。A:ELAでギリシ ャの銀行が差し入れてきた担保の多くは政府保証債と、財務省証券を含 むギリシャ国債だ。ギリシャが債務を支払わなかった場合、ECB政策 委は恐らく、保証者の支払い能力がなくなったためギリシャの銀行は緊 急資金を受け取る資格を失ったと判断するだろう。同時にECBは ELAプログラムの下でギリシャの銀行が差し入れる担保のヘアカット (割引率)拡大を決める可能性もある。ECBはELAに対するギリシ ャ銀行のアクセス停止をその場で決定する可能性もあり、チプラス首相 は決断を迫られる。

Q:資本規制が導入されればどうなるか。A:さまざまな方面に打撃を 与える。ギリシャで具体的にどのような規制が実施されるかは不明だ が、キプロスの例が参考になろう。キプロスでは1日当たりのATMか らの預金引き出し額の上限を300ユーロに設定。5000ユーロを超える海 外送金には特別委員会の承認が必要とされた。旅行者の現金持ち出し額 は1000ユーロに制限。定期預金の中途解約と小切手の現金化は禁止され た。

決定権は政府に

Q:資本規制はどのように導入されるか。A:キプロスでは資本規制の 発表と同時に2013年3月16-28日の銀行の臨時休業期間を設けた。これ によりユーロ圏各国および国際通貨基金(IMF)と交渉する時間を得 た。休業期間が明けた後も制限はそのまま、金融システムの資本増強計 画が導入され、その一環として預金者は損失の負担を求められた。

Q:資本規制の導入は誰が決定するのか。A:政府に決定権があ る。1993年施行の法律に基づき、中銀総裁が規制を発動できるが、同日 中に財務省の承認を得る必要がある。

Q:資本規制はどのくらい続くか。A:実際には制限がない。キプロス の場合、当初は一時的な緊急措置と思われたが、2年間続いた。取引の 規制は2年の間に徐々に解除され、15年4月に完全に撤廃された。アイ スランドなど他の国のケースを見ると、資本規制がひとたび導入されれ ば長い時間をかけて段階的に解除することになるようだ。

選択肢はない

Q:資本規制がギリシャに及ぼす他の影響は。A:銀行の休業期間を設 けることにより債権者との合意に向けた交渉で時間的余裕を得られる可 能性もあるが、マイナス面は著しく大きい。企業取引や預金引き出しの 制限により、小売売上高や観光、工業、輸入など経済活動のほぼ全ての セクターが打撃を受けるだろう。

Q:チプラス首相に他の選択肢はあるか。A:現実的にはない。ELA が尽きるまで資本規制を導入しなかった場合、預金者は可能なうちにで きるだけ多くの預金を引き出そうとするため、同国の金融システムには 数日中に資金が全くなくなるだろう。そうなればユーロ離脱は必然とな る。ユーロ離脱が政府の意図だとしても、資本規制の導入は理にかな う。新通貨を印刷するための時間を得られるからだ。

Q:資本規制は合法的なのか。A:極めてまれなケースだが合法的だ。 欧州連合(EU)が定める4つの基本的自由の一つが資本の自由な移動 ではあるが、「公共の政策もしくは公共の安全を鑑みた極めて限定的な 状況」において規制は可能とされている。これまでは唯一キプロスが欧 州委員会によって承認されたが、「金融システムを完全に揺るがしかね ない」著しいリスクがあるためとされた。

原題:How Greek Capital Controls Would Work If Aid Talks Collapse: Q&A(抜粋)

--取材協力:John Glover、Eleni Chrepa、Vassilis Karamanis、Christos Ziotis、Paul Tugwell、Marcus Bensasson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE