NY原油:4営業日ぶりに上昇、米統計控え在庫減少に期待

16日のニューヨーク原油市場ではウェスト・ テキサス・インターミディエート(WTI)先物が反発。米国の在庫が 減少を続けるとの観測から供給超過が解消に向かうとの期待が高まり、 4営業日ぶりに上昇した。

タイチ・キャピタル・アドバイザーズ(ニューヨーク)の商品ファ ンドマネジャー、タリク・ザヒル氏は「17日発表の統計で在庫がまた減 少したことが明らかになるだろう」と予想。「それでも供給はなお大量 にある」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日 比45セント(0.76%)高い1バレル=59.97ドルで終了。

原題:Oil Rebounds After Three-Day Drop as U.S. Inventories Seen Lower(抜粋)

--取材協力:Mark Shenk.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE