アラビア半島のアルカイダ指導者が死亡-無人機の攻撃で

イエメンを拠点とする武装組織「アラビア半 島のアルカイダ(AQAP)」は、同組織のナセル・ウハイシ指導者が 同国内で無人機による攻撃を受け死亡したことを明らかにした。 AQAPは1月にパリで起きた仏週刊紙「シャルリエブド」襲撃事件で 犯行声明を出している。

米国が500万ドル(約6億2000万円)の懸賞金を懸けていた同指導 者のほかに戦闘員2人が死亡したという。ハリド・バタルフィ氏とされ る人物がオンライン上に公開されたビデオで発表した。同氏によれば、 カシム・リミ幹部が新たな指導者に就いたという。米国はリミ幹部に も500万ドルの懸賞金を懸けている。

原題:Al-Qaeda Says Top Yemen Leader Killed by U.S. Drone Strike (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE