香港行政長官、「不法行為」に警戒-爆発物製造の容疑者逮捕

香港で爆発物製造を企てた容疑に関連して10 人が逮捕されたことを受け、梁振英行政長官は16日、「不法行為」に対 する警戒を強化すると表明した。香港立法会(議会)は論議を呼んでい る行政長官選挙の改革案の審議を今週始める。

梁長官は記者団に対し、「暴力を伴うものであろうとなかろうと、 いかなる種類、形の不法行為をも容認しない」と述べた。

香港警察は15日、香港各地で容疑者を逮捕するとともに化学品やエ アライフル、3Dプリンター、爆発物を押収した。容疑者らの動機や襲 撃計画の詳細は明らかにしていない。区展秋総警司は同日、逮捕者の少 なくとも1人が自らを「地元の過激派組織」の一員だと主張していると 説明した。

立法会では、中国の意向が働く行政長官選挙制度の改革案の審議 が17日に始まる。同案が昨年発表された後、香港では約3カ月にわたる 抗議活動が起き、デモ隊と警察の衝突が度々生じた。

原題:Hong Kong Chief Executive Vows Zero Tolerance After Bomb Arrests(抜粋)

--取材協力:Dominic Lau.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE