中国株の時価総額、初の10兆ドル台-「非合理なリスク」とも

中国株式市場の時価総額が初めて10兆ドル (約1230兆円)を上回った。世界の主要市場を上回る上昇率を示す中国 株が新たな節目を突破した。

ブルームバーグの集計データによると、中国主要市場に上場する企 業の時価総額は10兆500億ドルと、この1年で6兆7000億ドル増加し た。日本の全株式市場の時価総額は5兆ドル余りで、増加分だけでそれ を超えたことになる。世界最大は米国の株式市場で約25兆ドル。

中国株式市場では上昇相場の持続に賭ける個人投資家が資金を借り て株式購入に充てている。景気が減速する一方で、中国株のバリュエー ション(株価評価)は現在5年ぶりの高水準にあり、信用取引は過去最 大に膨らんでいる。

交銀国際の中国担当チーフストラテジスト、洪灝氏(香港在勤) は14日の電話取材に対し、「個人投資家のリスクテーク姿勢を反映して いる」とした上で、「投資家は悪化する景気に対して非合理的なリスク を負っている」と指摘した。

原題:China’s Stock Market Value Tops $10 Trillion for First Time (3)(抜粋)

--取材協力:Kyoungwha Kim、Allen Wan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE