ブラジル株:ペトロブラスが高い、JPモルガンの買い推奨で

15日のブラジル株式市場では、指標のボベス パ指数が3営業日続落。景気が一段と減速するとの懸念が高まった。一 方、ブラジル最大の汚職スキャンダルの渦中にあるブラジル石油公社( ペトロブラス)は上昇。JPモルガン・チェースが同銘柄の買いを勧め た。

JPモルガンは、投資家の信頼の改善に向けたペトロブラス経営陣 の取り組みを理由に挙げた。12日には、投資家のジョージ・ソロス氏の 会社が保有していたペトロブラス株を全て売却したと報じられていた。

ボベスパ指数は前週末比0.4%安の53137.53で終了。ペトロブラス 株の月初からの上昇率は7.2%となった。

一段の景気減速懸念からビール会社のアンベブなど消費関連株が売 られた。鉄鉱石価格の下落を受け、鉄鉱石生産で世界最大手のヴァーレ も下げた。

航空機メーカーのエンブラエルは4営業日続伸。米リース会社エア ーキャッスルや米ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスな どからリージョナルジェット機を受注したことが好感された。

原題:JPMorgan’s Call Spurs Petrobras Gain as Brazil’s Stocks Decline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE