コンテンツにスキップする

アジア・太平洋株式サマリー:上海総合が反落、インド株は続伸

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下 の通り。

【中国・香港株式市況】

15日の中国株式相場は下落。上海総合指数が約7年ぶりの高値から 反落した。新規株式公開(IPO)に伴って既に上場している株式から IPO銘柄に資金が流れるとの懸念が広がった。テクノロジー銘柄が下 げの中心となった。

深圳市場では、本土市場の上場銘柄で最大のインターネット映像配 信会社、楽視網信息技術(300104 CH)が7.5%安。小型株の指標である 創業板(チャイネクスト)指数が5.2%下落した。25件のIPOが控え ており、応募資金は昨年1月以来の大きさに達する可能性がある。

上海総合指数は前週末比2%安の5062.99で引けた。下落率は先 月28日以来の大きさだった。CSI300指数は同2.1%安。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は、「今回の一連のIPO には大型株も入っており、従来に比べてIPOに向かう資金が増えるだ ろう」と指摘。「株式相場は高値圏にあり、センチメントは不安定で、 変動が大きくなる可能性がある」とコメントした。

香港上場では中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数 が前週末比2.6%安で終了。ハンセン指数は同1.5%安。

【インド株式市況】

15日のインド株式市場では指標のS&P・BSEセンセックスが続 伸。モンスーン期の降雨量が平年を上回っていることを背景に、金融政 策が一段と緩和される確率が高まるとの楽観が強まった。

時価総額でインド最大の製薬会社、サン・ファーマシューティカ ル・インダストリーズが構成銘柄の中で最大の値上がり。世界最大の製 油所を所有するリライアンス・インダストリーズは続伸し、バジャジ・ オートとマヒンドラ・アンド・マヒンドラはそれぞれ2%余り上げた。

センセックスは前週末比0.6%高の26586.55で終了。気象当局によ れば、1日以降の降雨量は平年を11%上回っている。インド準備銀行 (中央銀行)は今年3回目の利下げを決定した2日、追加利下げへの鍵 を握るのはモンスーン期の降雨状況と食料コストへの影響だと説明し た。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前週末比0.1%安の5538.77。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比0.5%安の2042.32。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比0.5%安の9259.48。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE