アリババ:中国で動画配信サービス開始へ-2カ月以内に

中国の電子商取引運営会社アリババ・グルー プ・ホールディングは、国内向けの新サービス「天猫票房(Tモール・ ボックス・オフィス)」を通じて米国のネットフリックスやHBOのよ うにオンラインで動画配信を始める計画だ。娯楽コンテンツで中国の6 億世帯を取り込むのが狙い。

アリババのデジタルエンタテインメント事業部長の劉春寧氏は14日 に上海での記者会見で、セットトップボックス(STB)と同社の基本 ソフト(OS)を搭載したスマートテレビを通じて新サービスを約2カ 月以内に始めると説明。コンテンツの一部は自社で製作するほか、海外 から買い付けるという。

59億ドル(約7300億円)規模の中国のオンライン動画配信市場をめ ぐり、アリババはテンセント・ホールディングス(騰訊)とコンテンツ 獲得で競争を繰り広げている。昨年10月には馬雲(ジャック・マ)会長 がハリウッドを訪れている。

劉氏は「米国のネットフリックスやHBOのようになることが目標 だ」と語った。上海に拠点を置くインターネット・コンサルタント会社 Iリサーチによれば、中国のオンライン動画市場は2018年までに現在の 3倍近い900億元(約1兆8000億円)規模に膨らむと見込まれている。

原題:Alibaba Group Plans to Create China Version of Netflix, HBO (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE