アジア株、4日ぶり反落-ギリシャと債権者の交渉物別れで

15日のアジア株式相場は4営業日ぶりに下 落。直近のギリシャと債権者との協議が決裂したことが嫌気された。中 国本土株は、新規株式公開(IPO)に伴って既に上場している株式か らIPO銘柄に資金が流れるとの懸念で下げた。

香港市場では、中国建設銀行が2.2%安。同行の王洪章会長が利益 の伸びに課題があると発言したことが売り材料となった。上海市場で は、広発証券と中信証券がいずれも2%を超える値下がり。中国証券監 督管理委員会(証監会)が信用取引と空売りに上限額を設けるべきだと の見方を示した。

シドニー市場では、ウッドサイド・ペトロリアムが2.9%安。エネ ルギー銘柄が最大の足かせとなった。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後4時3分(日本時間同5 時3分)現在、前週末比0.6%安の147.36。

原題:Asian Stocks Fall as Greece Negotiations Collapse With No Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE