ヘッジファンドのエクレクティカが復活-ドル投資が奏功

金融危機のさなかに顧客に利益をもたらした スコットランド出身のヘッジファンド運用者ヒュー・ヘンドリー氏が、 運営するエクレクティカ・アセット・マネジメントをドル相場への投資 で世界有数のパフォーマンスを誇るヘッジファンドへと復活させた。

ブルームバーグが集計したデータによれば、ヘンドリー氏が運用す る「エクレクティカ・ファンド」は、2012、13年と損失を計上していた が、昨年はドル相場の上昇を見込んで年間プラス28%のリターンを上 げ、同種のファンドのうち95%のパフォーマンスを上回った。同ファン ドはエクレクティカ・アセット・マネジメントの資産3億ドル(約370 億円)のうち8600万ドルを広範囲にわたる世界マクロ経済トレンドに投 資、運用している。

米ワイオミング州ジャクソンホールで昨年8月開かれたシンポジウ ムで、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がECBは幅広い資産購入 プログラムの実施に近づいていることを示唆したとの見方が広がった 後、ヘンドリー氏はドル資産を購入した。

ヘンドリー氏(46)はロンドンでのインタビューで「私のような市 場関係者は、彼らがドル相場上昇を事実上是認したと考えた」と指摘。 このシンポジウム以降、ドル相場はユーロに対して15%上昇している。

ヘンドリー氏のファンドの運用資産は10億ドル超から昨年には5億 ドル未満にまで縮小。運用成績が12年にマイナス1.7%、13年にマイナ ス0.1%未満となった後、主要スタッフは退社した。

ヘンドリー氏は「2年半の間、われわれは知恵を絞り、長時間勤務 はしなかった。利益が出なかった」と振り返った。同氏は05年にエクレ クティカを創業し、現在は最高投資責任者(CIO)を務める。同社と ヘンドリー氏は、S&P500種株価指数が年間ベースで39%下落した08 年にプラス31%のリターンを上げ、投資家の注目を集めた。

原題:Hugh Hendry’s Dollar Bet Spurs Revival at Hedge Fund Eclectica(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE