インド:5月のインフレ率5.01%、4月鉱工業生産は伸び加速

インドでは5月に物価上昇圧力が高まり、4 月の鉱工業生産の伸びが加速した。こうした状況を受けて、インド準備 銀行(中央銀行)のラジャン総裁が追加利下げに踏み切る可能性が小さ くなった。

12日の中央統計機構発表によれば、5月の消費者物価指数( CPI)は前年同月比5.01%上昇と、4月の4.87%上昇を上回った。ブ ルームバーグがまとめたエコノミスト35人の調査中央値では5%上昇が 見込まれていた。

同日発表された4月の鉱工業生産指数は前年同月比4.1%上昇。市 場予想の1.5%上昇を大きく上回った。

ラジャン総裁は今月2日、今年3回目の利下げに踏み切り、モンス ーン期とそれが食料に与える影響が緩和拡大の鍵となるだろうと述べて いた。インフレ率は8月まで鈍化し、それから2016年1月までに目標と する6%に近づくとの見方を示していた。

原題:India CPI Quickens as Output Grows, Hurts Case for Rate Cut (1)(抜粋)

--取材協力:Manish Modi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE