ブラジル株:下落-ソロス氏売却報道でペトロブラス安い

更新日時

12日のブラジル株式市場で指標のボベスパ指 数は下落。同国最大の汚職スキャンダルの渦中にあるブラジル石油公社 (ペトロブラス)が売られた。資産家ジョージ・ソロス氏の会社が保有 していたペトロブラス株を全て売却したとの報道が嫌気された。

ブラジル紙エスタド・ジ・サンパウロは、ソロス氏率いる企業が1 -3月(第1四半期)にペトロブラスのオプションも売却したと報じ た。米証券取引委員会(SEC)に送付された文書を引用している。

証券会社HHピッキオーニのアナリスト、パウロ・エンリケ・アマ ンテア氏は電話取材に対し、「ソロス氏は非常に賢い投資家だ」と指 摘。「彼が株を買えば、その銘柄には幾分の支えとなる。一方で保有株 を全て売却した場合、それはその企業の将来性を見込んでいないことを 意味し、極めてマイナスのシグナルだ」と述べた。

ボベスパ指数は前日比0.6%安の53347.53で終了。この日の下げで 週間ベースの上昇率は0.7%に縮小した。ペトロブラス株は一時1.7%下 落。原油安も重しとなった。ニューヨークに上場している同社の米国預 託証券(ADR)は6営業日ぶりに下げた。

原題:Soros Stake-Sale Report Sinks Petrobras as Brazil’s Stocks Drop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE