インド株:上昇、銀行と公益事業株が高い-週間では3週続落

12日のインド株式相場は上昇。ボラティリテ ィ(変動性)が高まる中、銀行株と公益株の上げが目立った。指標の S&P・BSEセンセックスは週間ベースでは3週連続安となった。

ICICI銀行が1カ月ぶり大幅高となり、銀行株指数は7カ月ぶ り安値から反発。インド最大の民間電力会社タタ・パワーは約3カ月ぶ りの大幅高。前日に1カ月ぶり安値を付けたバーラト重電機も値上がり した。

センセックスは前日比0.2%高の26425.30で終了。前週末比で は1.3%下げた。ブルームバーグのまとめたデータによれば、ボラテリ ティ指数(30日ベース)は2013年10月以来の高水準に達した。

アンビット・インベストメント・アドバイザーズ(ムンバイ)のマ ネジングディレクター、バイブハブ・サングハビ氏は電子メールで、 「大きな材料がないことから、向こう3-4カ月の相場動向は不安定と なる公算が大きい」と指摘した。

原題:India’s Sensex Pares Third Weekly Drop Before Inflation Report(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE