ドイツはギリシャのデフォルト可能性もはや排除せず-ビルト

ギリシャのチプラス首相がドイツのメルケル 首相、フランスのオランド大統領との会談で、欧州連合(EU)が提示 した改革案にいかなる歩み寄りも見せなかったことを受け、ドイツ政府 はもはやギリシャのデフォルト(債務不履行)可能性を排除していな い。独紙ビルトが政府の立場に詳しい複数の関係者からの情報を引用し て報じた。

同紙によれば、メルケル首相の顧問らは、ギリシャの銀行の顧客を 対象とする資本規制や債務減免を含めて、同国のデフォルトを想定した 対応策を協議している。与党キリスト教民主同盟(CDU)の内部で は、ギリシャへの追加金融支援に反対する議員の数が増えつつあり、メ ルケル首相はその圧力に対応する必要にも迫られている。

同紙によると、チプラス首相は独仏首脳との会談で、付加価値税 (VAT)の引き上げを含むEU側の提案を拒否した。トゥスクEU大 統領は11日にチプラス首相に対し、駆け引きをやめて金融支援の条件を 受け入れるかどうか決断するよう迫った。

原題:Germany No Longer Ruling Out Greek Default, Bild-Zeitung Reports(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE