フィッチがムーディーズを批判-中国の自動車ローン担保証券

格付け会社フィッチ・レーティングスは、自 動車ローン債権を裏付けとする中国の証券に対する格付けで同業のムー ディーズ・インベスターズ・サービスが世界的な基準から逸脱したと批 判した。

フィッチはメディア向けに電子メールで配布した資料で、ムーディ ーズが「融騰インディビデユアル・オート・モーゲージ・バックド・セ キュリタイゼーション2015-1」に格付け「Aa3」を付与したこと で、「国際的な実務にそぐわない先例をつくった」と指摘した。

フィッチによれば、米ゼネラル・モーターズ(GM)と中国の上海 汽車集団(SAICモーター)の合弁会社の金融部門が提供しているこ の資産担保証券には、準備金に乏しく支払い期限を守るためのバックア ップの取り決めもない。

フィッチは「この構造は中国で国内的に格付けされる証券化の基準 を満たしている」としつつも、国際的な評価によってこうした高格付け を付与された証券が「流動性サポートなしに発行されるのは異例だ」と コメントした。

ムーディーズのアジア太平洋地域コミュニケーション責任者ティ ム・オズボーン氏は電子メールで、同社は融騰の証券構造に関して表明 済みの見解を堅持すると説明し、フィッチの批判についてはコメントを 控えた。

国際的な格付け会社が格付けした中国の自動車ローンを裏付けとす る証券としては、融騰が3本目。これまでの2本はフォルクスワーゲ ン・ファイナンス(チャイナ)とフォード・オートモーティブ・ファイ ナンス(チャイナ)が発行したもので、フィッチは大半の優先証券部分 に「AA」を付与している。フィッチ広報担当の尹偉倫氏は、同社が融 騰の格付けに自社を売り込んだかどうかについては論評を控えた。

原題:Moody’s Criticized by Fitch for China Auto-Loan Rating (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE