中国株:上海総合指数、2週連続の上昇-追加緩和への期待で

更新日時

12日の中国株式市場では、上海総合指数が上 昇。週間ベースでも2週連続高となった。相次ぐ新株発行で既存株から 資金が流出するとの懸念はあるものの、追加の金融刺激策が講じられる との観測の方が材料視された。

上海市場の不動産株の指標は最高値を付け、万科企業(000002 CH)は深圳市場で1%高。上海外高橋保税区開発(900912 CH)は10% の値幅制限いっぱい上昇。上海市が10社余りの公有企業を再編すると上 海証券報が報じた。光明乳業(600597 CH)は4日連続で8%を超える 値上がりとなり、生活必需品銘柄の上げをけん引した。

上海総合指数は前日比0.9%高の5166.35で終了。今週の上昇率 は2.9%となった。CSI300指数は前日比0.5%高。

RBCインベストメント・マネジメントの香港在勤トレーダー、ク レメント・チェン氏は「5月のマクロ指標は全般に4月より良好だった が、より着実な回復を確認できるほどの力強さはなかった」と指摘。 「市場が一段の金融緩和を予想しているのはそのためだ」と説明した。

香港市場では、ハンセン中国企業株(H株)指数が前日比1.8%上 昇し、ハンセン指数は同1.4%高で引けた。

原題:China’s Stocks Complete Second Week of Gains on Monetary Bets、Hong Kong Stocks Rise Most in 3 Weeks as HKEx, Developers Climb(抜粋)

--取材協力:Zhang Shidong、Amanda Wang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE