望月環境相:石炭火力計画「是認しがたい」-経産省に意見書提出

望月義夫環境相は12日、山口県宇部市で計画 されている石炭火力発電所の建設について「現段階においては是認しが たい」とする環境影響評価の意見書を経済産業省に提出した。

望月氏は同日午前の会見で、建設に反対する理由について、二酸化 炭素(CO2)の排出を削減するための電力業界各社による自主的な取 り組みが示されておらず、このまま石炭火力発電所の建設が進めば「国 の削減目標などの達成が危ぶまれる」と説明した。

対象となっているのは電源開発(Jパワー)、大阪ガス、宇部興産 が共同で設立した山口宇部パワーが建設を予定している120万キロワッ ト規模の石炭火力発電所。3社が発表した資料によると、2020年代前半 に運転を開始する計画だ。山口宇部パワーを担当するJパワーの広報担 当者からは、不在のためコメントを得られなかった。

政府は今月、30年に温室効果ガスの排出を13年比で26%減らすとい う目標を取りまとめた。環境省は12日に配布した資料で、この削減目標 設定の規準として用いた電源構成の比率(エネルギーミックス)で は、30年度の総発電電力量に占める石炭火力発電の割合が26%程度とな っているものの、13年度の実績がすでにそれを上回っていると指摘し た。

NPO法人「気候ネットワーク」が企業や政府の発表、報道を基に まとめたデータによると、環境アセスの対象とならない小型の発電所も 含め現在国内で46基の石炭火力発電所建設が計画されている。石炭火力 発電所に対する環境アセスでは、三菱商事の子会社と日本化成が福島県 いわき市で計画していた小名浜火力発電所に対して09年に環境相が反対 する意見書を提出し、計画は中止された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE