コンテンツにスキップする

売れる市場存在しない社債リスク警告-PIMCOが保険会社に

米パシフィック・インベストメント・マネジ メント(PIMCO)のエグゼクティブ・バイスプレジデント、デービ ッド・ブラウン氏は、リスクの高い証券を買う前に市場が動揺する状況 で資産の買い手を見つけることができるかどうか、よく考える必要があ ると保険会社に注意を促した。

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がニューヨ ークで開催した保険業界の会議で、ブラウン氏は「流動性ポジションに 自信を持ち過ぎることに非常に慎重でありたい」と述べた。

シティグループのストラテジスト、スティーブン・アンチャック氏 も現金化が難しい資産の保有に付きまとうリスクに注目し、保険会社と ミューチュアルファンド、海外勢の3つのグループが社債市場の主な買 い手になる傾向が強まっていると発言した。支払いの必要に備えて証券 資産を何年も持ち続けることが多い保険会社は、流動性が低い代わりに 高い利回りが得られる債券の買い手として、自分たちがうってつけだと 考えている。

ブラウン氏は、大災害の発生に伴う保険支払いで損害保険会社は急 に資産売却を迫られる可能性があると指摘し、「大災害の支払いを賄え る流動性を確保しておくべきだ。売れる市場が存在しないかもしれない からだ」と語った。

原題:Pimco’s Braun Says Public Markets May ’Not Be There’ for Sellers(抜粋)

--取材協力:Selina Wang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE