中国人民銀、今週末にも預金準備率を追加引き下げか

中国当局は今週末にも市中銀行に求める預金 準備率の追加引き下げを実施する可能性がある。地方債の発行が大幅に 増える影響を和らげるために資金供給を増やし、経済成長を刺激する狙 いもある。

招商銀行の劉東亮アナリストによれば、中国人民銀行(中央銀行) は今週末に大手行の預金準備率を最大1ポイント引き下げて17.5%とす ると予想される。実施されれば、今年に入って3回目の引き下げとな る。HSBCホールディングスは「向こう数週間」のうちに0.5ポイン トの引き下げを予測。ソシエテ・ジェネラルは6月末までにあと1回の 引き下げが必要だとしている。

今週発表された中国の経済指標では、5月の輸出が3カ月連続で減 少し、消費者物価指数(CPI)の上昇率も1月以来の低い伸びにとど まった。これは中国当局が一段の金融緩和に動く余地があることを示唆 する。

地方政府の高金利の債務を比較的金利の低い債券に交換するよう中 央政府が促す中で、地方債の発行は今年4倍に急増し、借り入れコスト が押し上げられる懸念がある。

原題:PBOC Seen Cutting Banks’ Reserve Ratios as Early as This Weekend(抜粋)

--取材協力:Yuanting Yin、Yuling Yang、Xize Kang、Amy Li、Cindy Wang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE