米週間新規失業保険申請:27.9万件、14週連続で30万件下回る

米週間新規失業保険申請件数は14週間連続 で30万件を下回った。

11日の米労働省発表によると、6日までの1週間の新規失業保険申 請件数は前週比2000件増の27万9000件。ブルームバーグがまとめたエコ ノミスト予想の中央値は27万5000件だった。

マリア・フィオリニ・ラミレズの米国担当チーフエコノミスト、ジ ョシュア・シャピロ氏は「解雇に関してはあまり大きな動きはない。低 水準のままだ」と述べ、「労働市場はまずます良好だ。個人消費は明ら かに労働市場に支えられており、所得の伸びも寄与している」と続け た。

3月の第1週以降、失業保険申請件数は30万件を下回っている。エ コノミストはこの動向は労働市場の改善と整合性があるとみている。

より変動の少ない4週移動平均は27万8750件に増加。前週は27 万5000件だった。失業保険の受給者総数は5月30日までの1週間で6 万1000人増加して227万人。

統計の詳細はをご覧ください。

原題:Jobless Claims in U.S. Hold Below 300,000 for a 14th Week (抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE