きょうの国内市況(6月11日):株式、債券、為替市場

国内市況の指標はここをクリックしてご覧 下さい。

●日経平均4カ月ぶり上昇率、ギリシャ期待と円高一服-内需中心反発

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

東京株式相場は5営業日ぶりに反発し、日経平均株価の上昇率は4 カ月ぶりの大きさとなった。ギリシャ情勢の進展期待や急激な円高が一 服し、市場の安定化を見込む買いが陸運や小売、食料品など内需関連株 中心に幅広く入った。陸運では、一部アナリストの目標株価引き上げを 受けたJR3社が高い。

TOPIXの終値は前日比20.65ポイント(1.3%)高の1648.88、 日経平均株価は336円61銭(1.7%)高の2万382円97銭。日経平均の上 昇率は2月12日以来の大きさで、きょうの高値引け。

しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹運用部長は、海外株 高の流れを受けたほか、「円高も一服し、恐る恐るポジションを積み上 げているところではないか」と話した。現状の株価水準に明確な割高感 はなく、日経平均が「500円近く調整したため、押し目買いが入った」 と言う。前日までの4日続落は、1月以来の連続安だった。

東証1部33業種は陸運や小売、食料品、非鉄金属、パルプ・紙、サ ービスなど30業種が上昇。鉱業や石油・石炭製品、繊維の3業種は下 落。売買代金上位では、三菱UFJフィナンシャル・グループやトヨタ 自動車、ファーストリテイリング、ソニー、パナソニック、三菱商事が 高く、モルガン・スタンレーMUFG証券が目標株価を上げたJR3 社、株式分割と増配を行うドンキホーテホールディングスは急伸した。 半面、ファナックや東レ、第一三共、ディスコは安い。

東証1部の売買高は21億1840万株、売買代金は2兆5719億円。値上 がり銘柄数は1490、値下がり288。

●債券は大幅安、欧米債安で長期金利9カ月ぶり高水準-20年入札重し

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

債券相場は大幅続落し、長期金利は約9カ月ぶりの水準まで達し た。米国やドイツの長期金利が年初来最高を更新したことを受けて、売 りが先行した。きょう実施された20年利付国債入札結果で応札倍率が2 年ぶりの低水準となったことも重しとなった。

11日の現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の339回 債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値よ り3.5ベーシスポイント(bp)高い0.53%で開始。いったん0.52%を付 けたが、再び水準を切り上げ、0.545%と14年9月22日以来の高水準を 記録。昨年10月の日銀追加金融緩和前の水準まで達した。午後に入る と、0.525%まで戻した後、0.535%で推移している。

長期国債先物市場で中心限月9月物は、前日比27銭安の146円09銭 で取引を開始。その後も売りが優勢となり、一時は145円72銭と、中心 限月ベースで昨年11月13日以来の水準まで急落した。その後は下げ渋 り、結局41銭安の145円95銭で引けた。

ドイツ証券の山下周チーフ金利ストラテジストは、「取りあえず20 年入札自体は無難に通過した感じ。ただ入札後は、需給の戻りを想定 し、金利が低下するイメージだったが、海外金利に上限が見えないた め、買いを入れるのは難しい」と話した。「欧米金利上昇がクライマッ クスを迎えるには多少時間がかかるとのイメージ。来週は米連邦公開市 場委員会(FOMC)もある。日米欧は国債需給で金利が下がりにくく なっている」と説明した。

財務省がこの日の午後零時45分に発表した表面利率1.3%の20年利 付国債の入札結果によると、最低落札価格は100円00銭と事前の市場予 想と一致した。小さければ好調さを示すテール(落札価格の最低と平均 の差)は11銭と、前回の10銭からやや拡大。投資家需要の強弱を反映す る応札倍率は2.56倍と、2013年5月以来の低水準となった。

●円がほぼ全面安、黒田総裁発言受けた円高に修正圧力-米小売見極め

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

東京外国為替市場では、円がほぼ全面安の展開。日本銀行の黒田東 彦総裁の発言を受けた前日の急速な円高進行に修正の動きが入った。

11日午後3時45分現在のドル・円相場は1ドル=123円20銭付近。 円は朝方に付けた122円63銭を上値に、午後には123円34銭まで水準を切 り下げた。円は主要16通貨のうち、政策金利が引き下げられたニュージ ーランド・ドルを除く15通貨に対して下落している。前日には一時122 円46銭と5月26日以来の水準までドル安・円高が進んだ。

マネースクウェア・ジャパン市場調査部の山岸永幸シニアアナリス トは、「黒田総裁の発言の真意については釈然としない面が残る」と言 い、政府からの釈明もあり、前日の大幅な円上昇が修正される格好にな っていると説明。また、ドル・円相場はテクニカル的に21日移動平均線 が122円台後半、週足の一目均衡表の転換線が122円台前半に位置してお り、122円台ではサポートされやすいとも言う。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE