韓国中銀、政策金利を過去最低1.50%に下げ-MERS拡大の中

更新日時

韓国銀行(中央銀行)は11日、政策金利の7 日物レポ金利を1.75%から過去最低の1.50%に引き下げた。中東呼吸器 症候群(MERS)コロナウイルスの感染拡大で同国の景気回復が妨げ られる恐れが出ていた。

ブルームバーグのエコノミスト調査では、18人中11人が1.50%への 引き下げを予想。残りの7人は政策金利の据え置きを見込んでいた。利 下げは昨年8月以降で4回目。

シティグループのソウル在勤エコノミスト、チャン・ジェチョル氏 は政策金利発表後に、「今回の利下げはMERSの悪影響を和らげ、消 費者心理と生産の停滞を防ぐことを目指したものだ」と分析。「昨年の セウォル号事故後に比べ、韓国中銀は今回、より早めに手を打とうとし ている」と話した。

原題:Bank of Korea Cuts Key Rate to Record Low as MERS Spreads (1)(抜粋)

--取材協力:Eunkyung Seo、Myungshin Cho.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE