フィアットCEO、GM以外の合併相手模索-関係者

フィアット・クライスラー・オートモービル ズ(FCA)のセルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)は、 米ゼネラル・モーターズ(GM)との友好的な合併の可能性がしぼみつ つある中、他の自動車メーカーを合併候補として検討している。事情に 詳しい複数の関係者が明らかにした。

マルキオンネCEOはFCAとGMの合併を目指すことについてア クティビスト(物言う株主)として知られる投資家の関心を見極めよう と顧問会社と取り組んできたが、GM側に関心がないため他の候補も検 討している。同CEOとアドバイザーらは「プランB」として他の複数 の大手自動車メーカーに目を向けており、フランスのプジョーシトロエ ングループ(PSA)を万策尽きた場合の候補として検討している。関 係者2人が匿名を条件に語った。

株主の圧力を利用してGMを交渉のテーブルに誘い出す考えをマル キオンネCEOは断念してはいないものの、合併を打診してGMのメア リー・バーラCEOと取締役会に拒まれたため、より多くの選択肢を模 索する必要があると認識している。マルキオンネCEOは6日のインタ ビューで、可能なら友好的な合併を望むと述べ、製品構成が似ているメ ーカーなら経費削減の余地も大きいため相手として特に好ましいと語っ た。

関係者によると、マルキオンネCEO(62)が第一の選択肢とする のはGM。アドバイザーらは他社も検討中で、ドイツのフォルクスワー ゲン(VW)も候補として残っているが、GMとの可能性が尽きた後の 選択肢だという。VWは先月、いかなる取引も目指していないとの見解 をあらためて示した。

トヨタ自動車のジム・レンツ専務役員(北米担当)は11日、FCA との合併には関心がないと発言。ミシガン州アナーバー近郊のトヨタの テクニカルセンターで記者団に対し、「われわれがグローバルなベース で必要としているものには合致しない」とコメントした。

FCAはGMより規模の小さい日本のマツダやホンダ、スズキ、韓 国の現代自動車などに打診する可能性もある。それらもうまくいかない 場合、マルキオンネCEOはプジョーにアプローチするという。プジョ ーはカルロス・タバレスCEOの下で経営立て直し計画のさなかにあ る。

プジョー広報のジャン・バプティスト・トマ氏は電話取材に対して コメントを避けた。

原題:Marchionne Said to Mull Alternatives as GM Deal Chance Fades (3)(抜粋)

--取材協力:Keith Naughton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE