中国国家主席がミャンマーのスー・チー氏と会談

中国の習近平国家主席は11日、ミャンマーの 野党、国民民主連盟(NLD)のアウン・サン・スー・チー党首と北京 の人民大会堂で会談した。中国の対ミャンマー政策の大きな転換とな る。

東南アジア諸国の中でも中国との関係の深いミャンマーだが、ここ 4年ほど両国首脳間の関係は悪化。習主席は同党首と会談することで、 ミャンマーのテイン・セイン大統領をけん制することになる。11月には ミャンマーで総選挙が行われる予定。

厦門(アモイ)大学の范宏偉教授は、「中国はミャンマーでの新た な政治環境に適応しつつある。地政学的およびビジネス面でミャンマー と多くの利害関係がある中国は、利益を守るためアプローチを多様化さ せている」と指摘した。国際関係を研究する同教授はミャンマーの専門 家。

原題:Suu Kyi Visit Marks Shift in China’s Approach to Old Ally (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE