アテネの空に禿たか、ハッピーエンドでギリシャ債は2倍にも

アテネの上空をハゲタカたちが旋回してい る。

ギリシャの資金が底を突きつつあり救済に向けた合意がまとまらな い中でギリシャ債は値下がりしているが、ハゲタカファンドとして知ら れる幾つかのディストレスト債ヘッジファンドは収益機会を嗅ぎ取って いる。

ペリー・キャピタルやナイトヘッド・キャピタル・マネジメント、 モナーク・オルタナティブ・キャピタルなどは最悪の事態が回避される と見込んでいると、事情に詳しい関係者3人が述べた。

非公開情報を理由に関係者が匿名を条件に述べたところによると、 ギリシャと債権団の対立が解消した際には、ギリシャ債の価格が2倍に なる可能性もあるとファンドはみている。ギリシャはユーロ圏にとどま ることを望み欧州連合(EU)の指導者らもそれを望んでいるため、最 終的には合意に至るとの読みだ。

新興市場ヘッジファンドのグレイロック・キャピタル・マネジメン トの創業者、ハンス・ヒュームズ氏はニューヨークから電話取材に応じ 「ギリシャ資産からの収益機会には欧州の他の何よりもはるかに大きい 上向きの余地がある」と述べた。

ナイトヘッドの法務顧問とモナークの広報担当者はコメントを控え た。ペリーの法務顧問への電子メールにも応答はない。

2025年償還のギリシャ債(表面利率3%)は10日、額面1ユーロに 対し0.538ユーロで取引された。債権者側との合意ができれば0.6-0.7 ユーロになり、欧州中央銀行(ECB)がオペの担保として認めれば額 面を回復すだろうと関係者らは語った。

原題:Vulture Funds Circle Greece Targeting Europe’s Best Trading Bet(抜粋)

--取材協力:Mary Childs.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE