中国:工業生産の伸び、5月に加速-景気安定化を示唆

更新日時

中国の5月の工業生産は伸びが加速し、小売 売上高は前月と同程度のペースで拡大した。中国経済の安定化の兆しが 示された。

国家統計局が11日発表した5月の工業生産は前年同月比6.1%増。 4月の同5.9%増から加速し、ブルームバーグがまとめた市場予想中央 値(6%増)も上回った。5月の小売売上高は同10.1%増、1-5月の 都市部固定資産投資は前年同期比11.4%増加した。

コモンウェルス銀行の中国担当エコノミスト、李煒氏(シドニー在 勤)は「生産の安定化または緩やかな加速は、中国経済が今後数カ月、 悪くはならないことを示唆している」と指摘。「工業生産と消費支出は 今年7-12月(下期)に改善する公算が大きい」と述べた。

一方、統計局はこの日の発表後、需要は依然弱く、工業生産の回復 に向けた土台も堅固ではないと指摘。「資金不足と十分な新規プロジェ クトがないことが投資拡大の重しの主因」だとのコメントを出した。

原題:China Industrial Output Gains in Sign Economy May Stabilize (1)(抜粋)

--取材協力:Ailing Tan、Simon Lee、Xiaoqing Pi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE